ほのぼのblack headline

不定期更新です。 なにとぞお手柔らかによろしくお願いします。
ほのぼのblack headline TOP > スポンサー広告> 記事 > AKB48“異業種”進出に「もう勘弁して!」の声。「AKBなら何でもOKという状況がある」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48“異業種”進出に「もう勘弁して!」の声。「AKBなら何でもOKという状況がある」

今度はお天気キャスターの“椅子”も根こそぎだ。

 昼の情報番組「ひるおび!」(TBS)が、お天気コーナーに日替わりでAKB48のメンバーを出演させることを発表。

これまではAKB48の柏木由紀とタレントの森田美位子が担当していたが、森田はリストラされ、今後は柏木に加えて、倉持明日香らAKB48の5人で担当することになった。

 テレビや雑誌で見ない日はないAKBだが、次々と仕事を奪われるグラビアアイドルや、事務所関係者からはさすがに「もう勘弁して」と泣きが入っている。

 というのも、これまでビキニなど水着姿を披露する雑誌のグラビアコーナーは、グラドルの“独壇場”だった。ところが、ここ数年はAKBが大量に進出し、先日はグラドルの熊田曜子が深夜番組で「AKBのせいで仕事がなくなった」とボヤいていた。

実際、グラビア市場はAKBの寡占状態なのだ。さらにお天気コーナーまでとは……。我慢の限界というわけだ。

 雛形あきこやMEGUMIが在籍する芸能プロ「サンズ」の野田義治会長はこういう。

「AKBという名前自体が超ブランド化していて、AKBなら何でもOKという状況がある。だからバラエティーでもグラビアでも彼女たちは引っ張りダコ。
今は人気も伴っているから既存の芸能プロでは太刀打ちできません。
その上、これまで新人アナウンサーやフリーキャスターが担当していたお天気お姉さんの領域にまで進出する。脅威といわざるを得ない」

 グラビア、お天気キャスターときて、次はニュース番組のサブキャスターあたり。レギュラー陣はウカウカしていられない。

ゲンダイネット

[ 2012/04/11 12:16 ] 記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

広告
広告2
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。