ほのぼのblack headline

不定期更新です。 なにとぞお手柔らかによろしくお願いします。
ほのぼのblack headline TOP > スポンサー広告> 記事 > 羽鳥慎一アナウンサー離婚…多忙ですれ違い私生活も“フリー”に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

羽鳥慎一アナウンサー離婚…多忙ですれ違い私生活も“フリー”に

div12050305050001-p1_convert_20120503101843.jpg

フリーアナウンサー、羽鳥慎一(41)が16年連れ添った元客室乗務員でアロマセラピーインストラクターの妻(40)と離婚したことが2日、分かった。羽鳥がサンケイスポーツなどの取材に応じ、この日離婚届を提出したことを明かした。昨年4月にフリーになった羽鳥が仕事を優先してきたことが原因といい、「互いに仕事を充実させたい」と円満に離婚合意した。長女の親権は元夫人が持つ。

 フリー2年目に突入した羽鳥がプライベートでも“フリー”になった。羽鳥本人によると、原因は昨年3月いっぱいで日本テレビを退社し、フリーになったことで生活リズムにズレが生じた。局アナ時代より仕事を優先するようになり、「夜に食事会などが増えたりして、精神的、物理的に家庭に割く時間がなくなっていった」と説明した。

 元夫人もアロマ関係の著書を発行するなど、セラピストとしての仕事が順調だったことから互いに多忙になり、昨年5月ごろからすれ違いに。今年に入り離婚に向けての話し合いを重ねるようになり、3月に羽鳥から「そうした方がいいのかな」と離婚を申し入れた。羽鳥が仕事に比重を置くようになったことに元夫人は「私の方も仕事が軌道に乗ってきたから」と理解を示し、今後についても「私も仕事をやりたい」と羽鳥からの独り立ちを宣言したという。羽鳥は「会話がなくなっていったのは間違いないが、不満をぶつけるよりも熱中していることをやろうということになった」と語った。

 2人は就職活動中のアナウンサー試験で出会い、羽鳥が日本テレビ入社2年目の96年1月に航空会社の客室乗務員となっていた元夫人と結婚。その後は妻のサポートで仕事にまい進。フリーになり、テレビ朝日系「モーニングバード!」(月~金曜前8・0)で再出発を切ることも後押ししてくれたという。

 2人の間には中学3年の長女がいるが、離婚に理解を示し「お母さんには働いてほしい」と応援しているという。親権は元夫人が持ち、慰謝料も支払った。2人はまだ同居しているが、自宅は元夫人に引き渡し、近く羽鳥が出ていく。

 日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」(木曜後7・58)などレギュラー5本を持つなど絶好調の羽鳥は、「仕事を今まで以上にやっていきたい」と心機一転、更なる飛躍を誓った。3日放送の「モーニング-」で、本人の口から発表がありそうだ。



ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
[ 2012/05/03 10:20 ] 記事 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【羽鳥慎一アナウンサー離婚…多忙ですれ違い私生活も“フリー”に】
フリーアナウンサー、羽鳥慎一(41)が16年連れ添った元客室乗務員でアロマセラピーインストラクターの妻(40)と離婚したことが2日、分かった。羽鳥がサンケイスポーツなどの取材に
[2012/05/03 10:27] まとめwoネタ速neo
広告
広告2
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。