ほのぼのblack headline

不定期更新です。 なにとぞお手柔らかによろしくお願いします。
ほのぼのblack headline TOP > スポンサー広告> 記事 > 市原悦子、9月に女優復帰「早く稽古をしたい」…ミッキー吉野との歌、朗読、トークありの舞台「二人だけの舞踏会」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

市原悦子、9月に女優復帰「早く稽古をしたい」…ミッキー吉野との歌、朗読、トークありの舞台「二人だけの舞踏会」

oth12050505050010-p1_convert_20120505111719.jpg

1月下旬からS状結腸腫瘍で静養していた女優、市原悦子(76)が9月に女優活動を再開させることが4日、分かった。

復帰舞台は「二人だけの舞踏会」(9月1日~10月20日、東京・北千住シアター1010など)で、サンケイスポーツの取材に市原は「早くけいこをしたい」と声を弾ませた。

市原が女優復帰第1作に選んだのは、ゴダイゴのリーダー兼キーボード奏者、ミッキー吉野(60)との歌、朗読、トークありの2人舞台。「体力がどこまでもつか、とめどなく(体力が)いるんだけど」と前置きし、「うまく自分を操るのも妙味がある。何もかもがスリル」と目を輝かせた。

 古本屋(ミッキー吉野が主人役)に入り浸る陽気なフーテンの女の役に「2人だけでお客さまを惹きつけていくのは並大抵じゃできない。映画音楽をやっているミッキーさんとだからできること」と意欲満々だ。4月下旬に仕事復帰は果たしている。NHK第1「市原悦子アワー」(今夏放送予定)のラジオドラマ「希望の母」を俳優、藤竜也(70)と収録。翌日には、5日放送のNHKトーク番組「おやすみ日本 眠いいね! 第2弾」(深0・55)を収録した。

両番組とも一発OKで終了するなど、ブランクを感じさせない。「おやすみ-」では越中の民話「なまくら太郎」の朗読後、「歌うシーンに使えれば」と即興で3パターンの歌を披露し、周囲を驚かせた。

 現在も投薬治療を続け通院もしているが、顔色はよく足取りも軽やか。「早くけいこをしたい」と話す、あの独特な声にも張りがあり、順調な回復がうかがえた。

 体調を案じる周囲の声に、「この年になると病気はお友達で、当たり前のこと。鍛えたり、摂生をするのではなく、のらくらに近いかな」。自然体の舞台復帰を誓った。







にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


[ 2012/05/05 11:21 ] 記事 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【市原悦子、9月に女優復帰「早く稽古をしたい」…ミッキー吉野との歌、朗読、トークありの舞台「二人だけの】
1月下旬からS状結腸腫瘍で静養していた女優、市原悦子(76)が9月に女優活動を再開させることが4日、分た。復帰舞台は「二人だけの舞踏会」(9月1日〜10月20日、東京・北千住シアター101...
[2012/05/05 11:26] まとめwoネタ速neo
広告
広告2
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。