ほのぼのblack headline

不定期更新です。 なにとぞお手柔らかによろしくお願いします。
ほのぼのblack headline TOP > スポンサー広告> 記事 > 映画『ももへの手紙』の美山加恋(15)「スランプもあったけど、今は現場にいることが幸せ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画『ももへの手紙』の美山加恋(15)「スランプもあったけど、今は現場にいることが幸せ!」

『人狼 JIN-ROH』(00)の沖浦啓之監督が、7年の歳月をかけた意欲作『ももへの手紙』(4月21日公開)で、ヒロイン・もも役の声優を務めた美山加恋にインタビュー。草なぎ剛主演のドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」(04)で、名子役として注目された美山も今や15歳。親子特有の心のわだかまりや愛情に揺れるももを、伸び伸びと自然体で好演した。

 舞台は、陽光がまぶしい夏の瀬戸内海の汐島。亡くした父への思いを胸に、母と島に引っ越してきたももは、そこで“見守り組”と名乗る奇妙な妖怪トリオと出会う。ももは妖怪たちとの出会いを通して、父や母との絆をかみしめる。『劇場版 NARUTO ナルト 大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!』(04)など、声優の仕事は何度が体験してきた美山。「アフレコのお仕事では、テンションを高めるため、始まる前にジャンプしたりして、気分を上げてからやっていました」。

 アフレコは、母親・いく子役の優香と一緒に行った。「最初は緊張しましたが、優香さんがたくさん話しかけてくださって、どんどんリラックスしていきました」。とはいえ、初日はももが母の大切な鏡を割ってしまうという大事なシーンの撮影日だった。「いきなり泣くシーンだったのです。泣きながら熱が入っていったので、全力を出せました」。泣くシーンについては、常にその場で実際に泣くという美山。
「泣いてないのに泣く声を出すのは難しいので、いつも泣きます。ドラマではもっとやりやすいんですが、アニメだと全然違いますね。画に合わせながら、ちょっとしゃくり上げるような感じで泣くんですが、タイミングを合わせるために何度も泣きました」。

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


[ 2012/04/19 18:28 ] 記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

広告
広告2
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。